病院内保育で働くといいことがこんなにある!

病院内保育の仕事内容は一般の保育園より楽?

病院内保育で働くといいことがこんなにある!

授業

こんな特徴がある

病院内保育は病院の大きさによりますが、併設されている園は比較的小さいことが多いので、預かる子供は多くても4~5人でしょう。病院の中に園が設置されることもあれば、近くにある場合といろいろです。運営方法は、病院が直接行なう場合と委託する2パターンで、契約社員、正社員、非常勤があります。

働くメリット

預かる子供が少ないということで、一人ひとりの子供とじっくり関われるのが病院内保育の利点です。親御さんと接触できない理由で子供が寂しがることもありますから、その隙間を埋めてあげるのも保育士の務めでしょう。子供が体調不良でも、何かあった時に保護者と連絡がとれる点は安心します。さらに一般の保育園のように大きなイベントがないので、負担の負担がほとんどないのも就職先に選ばれる理由です。大きな病院での保育なら、立地がいいので通勤が便利です。

病院内保育への疑問

体力的に疲れると聞きますがどのくらい疲れますか?

昼勤、夜勤とシフトが変則的なので、きついと感じるかもしれません。しかし、業務自体はとてもゆったりした中で行なうので、ドッと疲れることはないでしょう。

乳幼児を扱うこともある?

大きなお子様もいれば、まだ母乳を飲んでいる月齢の子も預かります。乳幼児の場合、いろいろと心配事はつきものですが、ベテランの保育士がサポートするので安心です。

夜勤の回数が知りたいです

24時間空いている病院内保育の場合、夜勤を避けることはほぼ不可能に近いでしょう。ですが、シフトで調整できるところでカバーは可能です。夜勤がないケースもあるので、そういった求人を主に探すといいでしょう。

前向きになれる

病院内保育で働くメリットがわかると、応募したくなりますよね。また疑問が解消されれば仕事をすることについて前向きに考えることができます。そういう意味では病院内保育で働くメリットを知ることや疑問点を解決することはとても重要だといえます。

保育士の仕事を探している人へ

授業

病院内保育で働くといいことがこんなにある!

今人気の病院内保育について説明しています。働くメリットや一般保育との違いを知りたい方はクリックしましょう。また、よく寄せられる質問も掲載しています。

READ MORE
保育士と子供

保育士アルバイトの気になる働き方と仕事内容を把握しよう

保育士の仕事ってどんなのがあるの?と疑問に思っている方も多いはず。同じアルバイトでも時間や業務内容が違うので、求人を応募する前にチェックしましょう。

READ MORE
広告募集中